SSブログ

パタゴニア滞在最後の日 [パタゴニア]

豪華な朝焼けを堪能したのち、ゆっくりと食事、そのあとは、飛行機の出る12時まで、自由行動だ。

今日で、パタゴニアは終わり。
本当に名残惜しい。 

ガイドさんが、博物館やショッピングのおつきあいをしますよ、と申し出てくださるのだが、それもお断りして気ままに過ごすことにする。
とはいっても、やりたいことは同じ、監獄博物館に行って、ショッピングをすることだ。
それに、おもむくままに歩き回ること。

知らない土地に行って歩き回ることは、本当に楽しい。
だが、危険も多い。人間はそれほどこわくないけど、猛獣はいかんともしがたい。
ここはフェゴ島なので、猛獣のピューマはいない。
この辺でこわそうなのは、野犬だが、ウシュアイアの町中を歩く限りは、大丈夫だろう。

で、海岸沿いを監獄博物館まで歩くことにする。15分ほどかかるようだが、写真を撮りながら時間を気にしないでのんびり歩くので、30分ほどかかるだろう。

地の果てでの最後のひとときをゆったりと過ごすのもいいものだ。

ホテルから、だらだらと坂を下りていくと、すぐにエンセラーダ湾に出る。 
風の大地、パタゴニアにもかかわらず、今日は風がなく、エンセラーダ湾は鏡のように静まり返って、周囲の景色を映しこんでいる。

下の写真の手前が、エンセラーダ湾、住宅がある陸地は、ウシュアイアから伸びている半島になっていて、飛行場がある。
その奥はウシュアイア湾、その奥の山はチリのナバリノ島のはず。 

IMG_1553wp.jpg

さらに続けて。

IMG_1557wp.jpg 

半島側から、ウシュアイアの町をみる。

IMG_1555wp.jpg

下の写真の山の中腹にあるホテルが、泊まったところ。
ウシュアイアが一望のもとに見渡せる絶好の場所だったことに感謝。

IMG_1558wp.jpg

さらにウシュアイアの町の中心からはずれる方向にカメラを向けると、エンセラーダ湾への映り込みがトリッキーな写真 になった。
この奥のほうに湾の出口があるはずだが、ここからは見えなくて、湖のようにみえる。

IMG_1559wp.jpg

エンセラーダ湾とウシュアイア湾をさえぎる半島へは、わずか、50mにも満たない狭い陸地があるだけだ。
隣の、ウシュアイア湾も波がほとんどなくておだやかだ。
観光用のヨットもまだ眠っている。
朝焼けの名残をとどめる空はどんよりと曇っている。

IMG_1562wp.jpg

海辺には、見たこともない鳥がいる。
首の後ろに長い髪飾りをたらした鳥は、パタゴニアの図鑑をみても名前がわからない。

IMG_1563wp.jpg

この鳥も青みがかった頭とくちばしで、特徴があるのだが、名前不詳。

IMG_1565wp.jpg

真っ白のあひるみたいな鳥は、多分、カウケンではないか。
パタゴニアのいたるところで、カウケンは見ることができる。
なぜ、カウケンとわかるか、というと、この鳥は、必ず、つがいになっているから。
オスとメスで色が違う種類もあるそうだ。
白い鳥の後ろに黒い鳥がうずくまっているが、この白と黒とで、多分、つがいなんだろう。

IMG_1566wp.jpg

その、もう1羽の黒いほう。
どちらがオスかメスかはわからない。

IMG_1567wp.jpg

ウシュアイア湾には、難破したような船が停泊している。
セント・クリストファー号という名前だそうだ。今はすでに動いていなくて、町のシンボルのようだ。
今にも沈みそうな傾きかけた船も、ここ、荒れ狂うビーグル水道では、観光資源になるのだ。
過去にこの海峡で座礁した船は数多いのだろう。

IMG_1571wp.jpg

曇ってはいるものの、風がなく、気持ちのいい散歩だった。

IMG_1580wp.jpg


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

元監獄施設だった博物館 [パタゴニア]

 パタゴニア最後の日の朝、海岸沿いに歩いて監獄博物館にやってきた。
近くにあったジムの広告看板がおもしろい。
ペンギンがバーベルをあげたり、自転車こぎをしている。
こういう小さな町でもジムが成り立つのね。 

IMG_1581wp.jpg

さて、監獄博物館、正確には、「元監獄と船舶博物館」といって、海軍基地の敷地内にある。
入口のところに、囚人が働いている像がいくつか置いてある。
これはやっぱり監獄博物館だ。

IMG_1582wp.jpg

中は、昔の監房の建物がそのまま展示室になっている。
長い通路の両脇が監房になっている。
多い時で600人を収容していたそうだ。
天井は、一部吹き抜けになっていて、外から見通しがきくように作られている。 

ちょうど、団体の観光客がぞろぞろとやってきて、明るく騒いでいた。 

IMG_1596wp.jpg 

かなり大きな博物館だ。
スペインやイギリスが入ってくる前の原住民の生活の様子や歴史の展示もある。
一番力を入れていると思われるのは、やはり船舶関係の展示だった。
座礁した船の地点、日時、船の名前などが詳細に地図上に記録されていた。
やはりビーグル水道やマゼラン海峡は、船の難所なんだということがわかる。

イギリスが入ってきたときの写真など、古い写真もおびただしい数で展示されている。
悲しいかな、その人名など聞いたこともないような名前ばかりだ。

で、どうしても、こういう人形に目がいってしまう。
これは一人部屋。 

IMG_1589wp.jpg

こちらの囚人は少し格が下なのかな。2人部屋だ。

IMG_1590wp.jpg

博物館の中庭にとっても可愛らしい花が咲いていた。
雑草扱いだったけど、なんだろう。

IMG_1593wp.jpg

昔の監獄を博物館にしているのは面白い発想だが、ハノイの昔のホアロー収容所を改装した博物館も監獄の中の様子を展示していたのを思い出した。
ハノイのはもっと悲惨な写真がいっぱいあったように思う。
首枷でつながれた人たち、拷問の道具など。
それに比べると、ここは、労働力を期待して連れてこられた人たちを収容しているので、最低限の生活の保障は確保されていたようだ。
なにしろ、ここ、ウシュアイアは囚人が作った町というコンセプトを観光資源にしているのだから、おもしろい。

この博物館の海洋関係の展示はわかる人がみれば、興味深いのだろう。数も多かった。

近くに「世界の果て博物館」もあったので、立ち寄ってみた。
そちらは、展示スペースが小さく、見てわかる展示物があまりなかった。
文書が結構あるらしい。
鳥に関しては、はく製も使って、詳しく展示されていた。

最果ての町で、のんびりとしているうちに集合時間が近づいてしまった。
気ままに過ごしていると、あっというまに時がたつ。

ホテルへの道は、真ん中のにぎやかな通りをウィンドーショッピングしながら歩くことにする。

通りを一歩抜けると、すぐに住宅地があるのだが、その住宅地にはいろいろな花が咲いていて、ショッピングよりもおもしろかった。

多いのはエニシダ。
日本でもよく見かけるが、こちらのは、大変元気だ。土地にあっているんだろう。

IMG_1599wp.jpg

それに、色のバラエティが素晴らしい。

こういうオレンジ系。 

IMG_1600wp.jpg

パイネにも多く咲いていた、真ん中だけ赤いのや・・

IMG_1601wp.jpg

なんとも優雅なピンク系まである。
こういうエニシダは初めてみた。
もしかしてエニシダではないのかしら。
日本にもってきたら、売れること間違いなしだ。

IMG_1604wp.jpg

住宅地の庭に咲いていた花。 

IMG_1602wp.jpg

なんとシャクヤクまで育てていて、満開だった。
東洋の花だと思っていたのだけど。

IMG_1605wp.jpg

これは道端に咲いていた雑草。
図鑑のCadilloに似ている。英語ではstick tight. なんだかくっつき虫みたいだ。

IMG_1612wp.jpg

観光客が歩く通りは、海岸と並行しているが、海岸から山の方向に向かう道は、結構、急な上り坂になっていて、すぐに町はずれになっている。 

IMG_1608wp.jpg

観光客向けのお店が多い中で、子供用の靴を売っているお店があった。
靴の並べ方がランダムになっていて、興味をそそるし、色がきれいなので、ついつい買いたくなる。

IMG_1609wp.jpg

大きい通り、といっても狭い道なんだけど、2階建てのバスが走っていたので、思わずシャッターを切った。ウシュアイアと書いてあるので、地元の観光バスかもしれない。
これが目抜き通り。

IMG_1606wp.jpg

とうとう、飛行機の飛び立つ時間になってしまった。
珍しいことらしいが、定刻に出発した。
空港から、ビーグル水道とその向こうの、チリのナバリノ島の山々が見えた。

IMG_1614wp.jpg


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

タンゴの国アルゼンチン [パタゴニア]

地球最南端のウシュアイア空港を定刻のお昼過ぎに飛び立った飛行機は、夕方の5時には、ブエノスアイレスのエセイサ空港に着陸した。
本来であれば、ここで、飛行機を乗り換えて帰国の途につくところだが、飛行機が遅れた時のことを考慮して、ブエノスアイレスに、さらにもう1泊する予定になっている。

パタゴニアへ行く時も、3時間も遅れて飛行機が飛び立ったのだ。
遅れることはよくあるらしい。 

定刻にブエノスアイレスに入れたおかげで、おいしい夕食をホテルで食べることができた。
その上、夜のタンゴショーにも急きょ、行くことになった。

タンゴショーは夜の10時スタート。
寝る時間ではないか、なんという時間だ!
それが当たり前のお国柄らしい。
”エル・ビエホ・アルマセン”という小さな劇場だった。
座席は一番前のテーブル。
飲み物がついている。 

楽団もそろっている。
バイオリン2本、バンドネオン2本と・・・ 

IMG_4163wp.jpg

コントラバスにピアノ。

IMG_4164wp.jpg

バイオリンがあることで、単純にうれしくなる。

カメラOKだったので、何枚もの写真をとったが、ほとんど、ピンボケになっていた。
タンゴは動きが激しくて、うまく撮れない。 

IMG_4161wp.jpg

男性ばっかりのダンスもあった。

IMG_4167wp.jpg

そこに女性が割り込んでくる。

IMG_4168wp.jpg

ひとしきりダンスがあった後は、歌。

 IMG_4177wp.jpg

そして、また激しいダンス。
タンゴのステップは決めがかっこいい。

IMG_4181wp.jpg

女性を持ち上げるリフトまで出てきた。これはプロでなきゃできない仕業だ。

IMG_4183wp.jpg

フォークロアはアンデスの山を思わせる音楽をかなでていた。
コンドルが飛んでいる歌もあった。

IMG_4185w.JPG 

また、ダンス。
スリットの入ったスカートがひらひらとまわる。

IMG_4186wp.jpg

そして、今度は、また歌。
最初、この歌手が舞台に出てきたときには、驚いた。
背中が丸くなって、背丈がとても低い。
晩年の淡谷のり子さんも骨粗しょう症のために、15cmほど背丈が縮んで背中の骨が曲がってしまっていた。
私の母親も同じだ。

歌いはじめると、満場がシーンと静まり返り、ぐいぐいと歌に引き込まれていった。 

IMG_4192wp.jpg

ワイングラスを片手にしっとりと歌うタンゴは、スペイン語の歌詞がわからなくても心を打つ。
もう、ゆうに70歳は越えているだろう。
いろんなことがあったんだろう、と思わずしみじみと感慨にふける。

IMG_4196wp.jpg

なんでも、このおばさまは、ここのお店の看板になるほどの人気なんだそうな。
歌い終わって、舞台の階段を下りるのも、一歩一歩、男性に手で支えてもらっていた。

あっという間に、エンディングとなった。 

IMG_4209wp.jpg

出演者全員が舞台にのぼって、おしまい。
夜中の12時をまわていた。

IMG_4212wp.jpg

タンゴをクラシックの世界に持ち込んだアルゼンチンの作曲者として有名なピアソラを、いつか弾いてみたいものだと思って、楽譜を買ってある。 
指揮者のダニエル・バレンボイムはピアニストでもあるが、なんと、ピアソラを弾いたCDがある。
バレンボイムは、ロシア系ユダヤ人で、国籍はイスラエルだが、ブエノスアイレスで育っている。
ユダヤ 系の音楽家はワーグナーが嫌いだが、バレンボイムは、わけへだてなく、ワーグナーも振っている。
15年ほど前に、日本にベルリンシュターツオーパーがきて、ワーグナーの「ニーベルングの指輪」をやったときの指揮者が、バレンボイムだった。
1週間に4回で完結するという途方もないワーグナーの楽劇をみるために、必死でNHKホールに通ったので覚えているのだけど。

バレンボイムはその幅の広さがいい。

ブエノスアイレス出身の音楽家では、ピアニストのマルタ・アルゲリッチも有名だ。 
アルゲリッチはCDやテレビでしか聞いたことがないけど、やはり独特の振幅を持っている。

タンゴを生んだ国、アルゼンチンは、なにかそういう一味違う才能を生み出すものがあるんだろうか。 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。