SSブログ

プラハの地下鉄と路面電車 [ウィーン・プラハ]

sixyIMG_4781 (15).JPG
プラハでも移動は大抵、地下鉄。
とてもきれいな地下鉄です。
自転車を持ち込んでいるのを何度かみかけました。

乗り方はウィーンとあまりかわりません。
プラハでは毎回切符を使うという方式にしました。
まず、ホテルで切符を数回分、購入します。
それにタイムスタンプを押すだけ。
たしかプラハは20分間、その切符が有効、という方式だったと思います。
でも時間が過ぎても見にくるわけでもないし、路線自体が短いので、全く問題ありません。

sIMG_4575.JPG
地下鉄の中はとってもカラフル。
お、つり革はなかったわね。


sixyIMG_4781 (36).JPG
地下鉄の路線図と路面電車の路線図が車内にありました。
地図の青い線はモルダウ川。
プラハの路面電車の地図はとうとう手に入りませんでした。
路面電車はもっぱら住人向けで、観光客は乗らない、ということでしょうか。

sixyIMG_4781 (35).JPG
駅の色は路線ごとに色がついていました。
ここは赤。日本でいうと丸の内線、てところかしら。
駅名はアルファベットがベースになっているのですが、発音すらできないという悲しさ。

sIMG_4573.JPG
これは銀座線、ということかしら。
アルファベットからすると博物館前、といった雰囲気。

sIMG_4679.JPG
駅構内も大変きれいです。

sIMG_4569.JPG
地下に降りるエスカレータは大江戸線並みの規模。

sIMG_4591.JPG
モーツアルトが住んでいたベルトラムカへはこの路面電車を乗り継いでいきました。
運転手さん、女性のようですね。

sIMG_4678.JPG
この路面電車の前の広告はKYOCERA,そう、京セラ。
こんなところで日本の企業に出会うとは思っていませんでした。

sIMG_4677.JPG
路面電車はこういう町中を走っています。
昔ながらのプラハ市内に入っていくと道幅がとても狭くて、車の通行は大変ですので、公共の乗り物が有効に働いているようでした。

sIMG_4491.JPG
これは電車ではなく、市内を回る観光バスですね。


チェコのガラス [ウィーン・プラハ]

sIMG_6617.JPG

チェコはボヘミアングラスで有名。
なにか、買いたいとは思っていたのですが、チェコでの時間は正味1日半しかありませんでしたので、買い物を犠牲にすることになってしまったのは残念。
ま、2日間とも夜はオペラだのチェコフィルだので、堪能したから、いいか.
それでもなんとか手に入れたのが、この置物。
高さが7センチほどの小ささです。
酉年なので、おみやげというと、いつも鳥になってしまいます。それも鶏。

IMG_6619.JPG

もうひとつのガラスのおみやげは、この花びん。
これも10センチもない小さなもの。

買う時間がないかわりに、ウィンドーショッピングとしましょう。

sIMG_4352-1.JPG
おそろいのきんきらきん。
こういうのシャンデリアの下で映えるでしょうね。

sIMG_4340.JPG
これくらいですと、日本でもみかけますが、どことなく雰囲気が違います。

sIMG_4358.JPG

sIMG_4353.JPG

sIMG_4339.JPG
ガラスではありませんが、磁器のコーヒーカップも、デザインがかわっています。
普通のもありますが、デザインが洗練されているように感じます。

sIMG_4338.JPG
これはきっとブランド品のセット。


チェコのおみやげ「ペルニーク」 [ウィーン・プラハ]

sIMG_4954.JPG
長く続いてしまったウィーン・プラハ旅行レポートは今日で終わりです。
皆様、長く長くお付き合いくださいましてありがとうございました。

皆様へのおみやげはこれ。
ペルニークというお菓子です。
大きさは15センチ×10センチほど。
とても大きくて、色あざやかな模様があるので、ちょっとばかりぎょっとしますでしょ。

チェコでは、アイシング(砂糖飾り)のクッキーは普通にあるそうですが、こういう大きいものは、なにかのお祝いなどのときに作るのだそうです。

sIMG_4944.JPG
結構、いろんなモチーフのものがあります。
セロファンの包装のままですけど、かえる、車、くまなどいくつか買ってきました。
日本のクッキーを大きくしたような感じですが、もっと歯ごたえがあり、ウィキョウやアニスの香辛料のせいか、プーンと異国の香りが漂います。

sIMG_4955.JPG
もうひとつのおみやげはこれ。
バイオリン型のチョコレート。
長さが20センチほどもあります。

sIMG_4960.JPG
そして定番のチョコレート菓子。
よくあるのはモーツアルトの像ですが、これはヨハン・シュトラウスです。
バイオリンを弾いているのがいいでしょ。
ウィーンで買い損ねて、プラハで買いました。

チェコは、絵本や子供の木のおもちゃなど、子供のためのものもいいものがあって、買いたいと思っていたのですが、時間がなくて買えませんでした。
写真だけです。

sIMG_4372.JPG
プラハの写真集や、子供向けの置物など。
色やデザインがとても素敵でした。

sIMG_4374.JPG
可愛いデザインのコップ。センスが日本とは違います。
チェコは建物も素晴らしいデザインのものがあいますし、こういうちょっとした小物類も、気が利いたデザインのものがふんだんにありました。

プラハもウィーンと同じで、コンサートや、音楽家ゆかりの場所を優先したため、見残してしまったところがた~くさん。
また近いうちにじっくりと時間をかけて再訪したいと思っています。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。