SSブログ

チロル・ドロミテ最終章 [チロル・ドロミテ]

ザルツブルグのホテルには、暗くなって到着したので、どういうところなのかわからなかったが、翌朝、良く晴れていたので、近くを散歩した。
驚いたことに、大きなメッセ、展示会場の向かいだった。写真はメッセの建物のガラス窓側の一部。
IMG_6586s.jpg

大変立派な展示会場だ。日本の幕張やビッグサイトの展示場の半分強くらいかしら。泊まったホテルは、展示会の関係者向けのホテルだったのだ。そういうところだと、団体客は、扱いなれているし、展示会がないときは、閑散としてしまう。私たちが泊まるのは大歓迎なんだろう。

ザルツブルグがこんなビジネス的な顔を持っていることは今までわからなかった。だが、観光的な要素も持っている町だし、ミュンヘンやウィーンからも近いことを考えると、展示会とか国際会議を開催する場所としては、地の利がある。

まわりをぐるぐると歩いていると、こんな林があった。
IMG_6580s.jpg

蛇や野犬がいると怖いけど、何人かで一緒に小路に入っていった。朝のすがすがしい光が心地よかった。
セージ系の花が咲いていたり、
IMG_6574s.jpg

つり船草の仲間がいたりする。軽井沢のような高原ではみるけど。
IMG_6577s.jpg

展示会の雑踏を逃れて散歩するにはちょうどいい小路だ。あまり手が入っていないところもいい。

林を出て歩いていると、集合住宅のバルコニーにひまわりが咲いていた。これはいいねぇ。
IMG_6593s.jpg

このような場所では、お土産やなどあるはずもない。昨日、ザルツブルグのヒュルストでチョコレートを買っておいてよかった。

さて、いよいよ出発だ。ミュンヘンまでバスで3時間くらいかな。
こういう田園風景ともお別れだ。
IMG_6601s.jpg

幹線は混んでますねぇ。日曜日なんだけど。
IMG_6608s.jpg

こういう風景も、なぜかドイツらしい景色に見えるからおもしろい。オーストリーとドイツの風景の違いはなんなのだろう。一直線の並木道かな。
IMG_6612s.jpg

帰りは、またドーハ経由だ。このルートだとドーハでデーツを買えるから大歓迎だ。今回も大量に買った。これ、健康食品でもあるのだけど、日本で買うと高い。ドーハの空港ではいろいろ加工してあるものも売っているが、なにも手を加えていない素朴なデーツがいいように思う。

アラビアオリックスのマークのカタール航空は良かったが、残念ながら窓際席ではなかった。

これでチロル・ドロミテ旅行記は終わり。


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 1

めぎ

素敵な旅行、私も楽しませて頂きました。
ザルツブルク、またいらっしゃることが出来ればいいですね!
by めぎ (2014-12-11 01:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。