SSブログ

元祖モーツアルト・クーゲル [チロル・ドロミテ]

チロル・ドロミテの旅行最後の夕食を食べるために、ザルツブルグ旧市街へ向かって歩いていく。
IMG_6509s.jpg

ザルツァッハ川にかかる橋には、鍵がぶらさがっている。
以前来たときには、こんなの、なかった。
IMG_6512s.jpg

さて、旧市街に入っていく。看板がとっても印象的。夕方の5時前ね。
IMG_6514s.jpg

これ、なんの看板かわからない。はさみがあるから理髪店かしら。
IMG_6515s.jpg

模様が中国風。
IMG_6516s.jpg

これはきれいだけど、悪い予感。Mの文字が入っている。
IMG_6517s.jpg

やっぱりね。マクドナルドだった。古い顔をして旧市街の目抜き通りにお店を構えちゃって。
IMG_6518s.jpg

これは傘ね。
IMG_6520s.jpg

さて、カフェモーツアルト、ここが、今晩の夕食を食べるところ。ここでフリータイムになる。
IMG_6521s.jpg

モーツアルトの生家のすぐ近くだ。
オーストリー色の紅白の旗があるところが、モーツアルトの生家で、今はモーツアルト関連の展示をしている。前回来たときに、中をみたので、今回は、時間がなくて割愛する。
IMG_6522s.jpg

ここで、一番にやるべきことは、元祖モーツアルトクーゲルを買うこと。
菓子職人のパウル・ヒュルストという人が1890年に、真ん丸のチョコレートを作り、1905年には、パリの菓子フェアに出品し、金メダルを受賞した。それが、モーツアルト・クーゲルだ。
ところが、モーツアルト・クーゲルの模倣品があちこちで売られている。一番有名な模倣品は、ミラベル社のものだが、これは、もはや模倣品というより、本物の顔をしている。私Adaも前回はミラベル社のモーツアルト・クーゲルをお土産に買った。赤いアルミ箔にモーツアルトの顔を印刷してあり、真ん丸なので、ついつい手が出る。それに、この模倣品はどこでも売っている。

だが、以前、私のお土産をみた友人曰く、「オリジナルは青いのよ」

で、今回はさがしましたよ。青いアルミ箔で包んだ真ん丸のチョコレート。モーツアルトの顔が印刷されている。
IMG_6526s.jpg

青いモーツアルト・クーゲルは、ザルツブルグにあるヒュルストの4つのお店でしか買うことができない。だから、ザルツブルグでしか買うことができない。それが付加価値になっているのだ。

商標権に関しては訴訟があり、ザルツブルグ・モーツアルト・クーゲルという名前は、ヒュルスト社しか使えない。しかし、ミラベル社も「真のモーツアルト・クーゲル」という名前を使っていて、みわけがつかない。モーツアルト・クーゲルの修飾に真の、という言葉を入れているだけらしいけど。商標権がどこまで主張できるのか、なかなか難しい問題らしい。

モーツアルト・クーゲルは真ん丸のチョコレートの中のほうに、ピスタチオの緑とヌガーが入っているのが特徴なのだが、ミラベル社のモーツアルトクーゲルもまったくおんなじだ。レシピについては独占権がないらしい。

レシピを守るにはどうすればいいのだろう。

レシピも独占できず、名前もモーツアルト・クーゲルというのを名前の一部に使われたら、何で勝負するのか、ということになる。結局、ザルツブルグでしか買えない、ということにするしかないのだろう。

レシピやお菓子の名前の紛争では、ザッハートルテが有名だ。オリジナルのザッハートルテを作ったのは、ザッハーだが、結局、デーメルもザッハートルテという名前で売っていいことになった。違いはケーキの上のマークが三角かまるかの違いだけである。人情としては、オリジナルのかたを持つのがふつうだろうけど、デーメルをひいきにする人も多いのはおもしろい現象だと思う。

前回、ザルツブルグに来たときに、たまたまデーメルでザッハートルテを食べた。その記事はここ。http://violine.blog.so-net.ne.jp/2011-08-19
ところが、そのザルツブルグのデーメルのカフェはつぶれたそう。

ウィーンではホテルザッハーのカフェでザッハートルテを食べたけど、味の違いがわからなかった。

クーゲルとは、イディッシュ語で球のことだそうな。イディッシュ語とはドイツ語の方言と書いてあるが、ドイツ語にヘブライ語やスラブ語がまざったものらしい。クーゲルはユダヤ人のデザートや副菜のこと、という説明もあるが、どうも、小麦粉などで丸くしたものをいうらしい。それがどうしてモーツアルトと結びついたのだろう。どうしてベートーベンクーゲルはないのだろう。もしかしたらボンのお土産にあったりして。

モーツアルトクーゲルというのは、もはや一般名詞化しているようで、ミュンヘンやウィーンの空港ではいろんなメーカーのモーツアルトクーゲルが売られている。そのほとんどが、赤いアルミ箔でモーツアルトをプリントしている。ミラベル社のものとそっくりだ。ミラベル社のものでないものも空港で買ったが、それは真ん丸ではなく、底が平らだった。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。