SSブログ

ザルツカンマーグート再び [チロル・ドロミテ]

ハルシュタットでお昼を食べてのんびりと散策を楽しんだあとは、ザルツブルグで、旅行最後の夜を過ごすことになっている。 
バスは、バートイシュルからヴォルフガング湖を通って、ザルツブルグに抜けるはず。
と思いながら、バートイシュルの温泉街はどこなのか、注意していたが、幹線道路を走っているためか、わからなかった。
前回、ヴァルフガング湖までやってきたとき、雨だったら、ケーブルで山にいかないで、バートイシュルの温泉で泳ごう、と同行の友人とはなしていたが、結局、そのときはいかないままだった。
その友人に、この記事を書く2日前に楽器店でばったりと出くわした。
そうしたら、その友人は、先月、バートイシュルの温泉に行ったと言っていた。
そうそう、ザルツブルグのモーツアルテウムで弾いてみない?と誘われていたんだっけ。私は行かなかったけど。

ハルシュタットも含めてバートイシュルの温泉、ヴォルフガング湖をはじめとするいくつもの湖など、このあたりはザルツカンマーグートと呼ばれてユネスコ世界遺産にも認定されている景勝地だ。
ザルツとはソルト、つまり塩だ。
塩は紀元以前より、通貨並みの価値を持っている。
だからザルツカンマーグートは、ハプスブルグ家の保養地としてだけでなく、大切な打ち出の小づちでもあったわけだ。

さて、バスからは、ヴォルフガング湖が見えるようになった。
以前泊まった白馬亭が教会の下に見える。なつかしいなぁ。
以前の記事はこちら。
http://violine.blog.so-net.ne.jp/2011-08-13

IMG_6473s.jpg

ヴォルフガングの付け根に、モーツアルトのお母さんのふるさと、ザンクトギルゲンがある。
以前来たときは、そこからロープウェイで、ツヴェルファーホルンまで行った。そのときの記事はここ。
http://violine.blog.so-net.ne.jp/2011-08-18

そのロープウェイが見える。
パラ・ハンググライダーまで飛んでいる。
IMG_6478s.jpg

シャーフベルク山頂も今日はくっきりと見える。
以前は、雨の中、登山鉄道で山頂まで行き、なんにも見えなかったのだった。そのときの記事はここ。
http://violine.blog.so-net.ne.jp/2011-08-17

IMG_6479s.jpg

さて、バスは、ザンクトギルゲンの町とヴォルフガング湖にお別れして、ザルツブルグをめざす。
IMG_6480s.jpg


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。